日焼け止めの効果的な塗り方|敏感肌の紫外線対策

日焼け止めの効果的な塗り方|敏感肌の紫外線対策
このエントリーをはてなブックマークに追加 

日焼け止めの効果的な塗り方|敏感肌の紫外線対策

日焼け止めの使用は、紫外線によるトラブルを予防するために非常に効果的な方法です。
ですが、ただムチャクチャに塗っておけばそれで良いのかというと、そういうわけではないのです。

 

適当に塗布すると、きちんと塗布できていない部分ができ、ムラになってしまう恐れがあります。
逆に正しい塗り方を行えば、数値の低い日焼け止めでも高い効果が得られる可能性が高いのです。

スポンサーリンク

日焼け止めの使用は、紫外線によるトラブルを予防するために非常に効果的な方法です。

日焼け止めを塗る際の塗り方のコツとしては、まず塗布する前に化粧水や乳液でお肌をきちんと整えておくことです。
日焼け止めはお肌に刺激となる恐れもありますので、事前にこういったアイテムできちんと整えておくことで、お肌への負担を和らげます。

 

それから、まず日焼け止めを手の平に出し、これを顔の5点に少量ずつ置いていきます。
5点というのは、両頬・額・鼻・顎です。
面積の広い頬には、やや多めに乗せます。

 

それから、順番に1カ所ずつ丁寧に伸ばしていきます。
額・頬・顎は顔の中央から外側に向かって伸ばし、鼻すじは上から下に伸ばします。

 

順番に伸ばしていくことで、塗り忘れを防げるので、ムラになりにくくなります。
さらに、1度塗布した後でもう1度重ねづけをすると、より効果的に紫外線を予防できます。

日焼け止めの塗り方で注意すべきポイント

日焼け止めの塗り方では、注意しなければならないポイントがあります。
それは、「ゴシゴシすり込まない」ということです。

 

ついゴシゴシとこすってしまいがちですが、摩擦するとお肌に負担をかけてしまいますので避けましょう。
お肌の表面に膜を張るイメージで、優しく塗布していくのがコツです。
量も少なすぎると効果が得られにくいので、たっぷり目に使用しましょう。

 

それから、日焼け止めは日焼けする直前ではなく、外出の20〜30分前に塗布しなければなりません。
きちんと馴染んでからでないと、紫外線をカットする効果が発揮されませんので、早めの準備をしておきましょう。

 

また、もう1つ忘れてはならないのが、「こまめに塗りなおす」ということです。
日焼け止めは汗などですぐに流れてしまいますので、2〜3時間おきに丁寧に塗りなおすことで、しっかり紫外線対策が行えます。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加 

紫外線とは|紫外線の肌への影響

太陽から降り注ぐ光は波長により赤外線、可視光線、そして紫外線に分類されます。そのうち、紫外線とは、お肌にも深刻な影響を及ぼす光であることが認識されはじめていますよね。真っ黒に日焼けした子供が健康的、なんていう時代はもう終わりました。今の時代は、紫外線を徹底的にケアして、お肌への影響を未然に防ぐ努力を...

≫続きを読む

 

季節ごとの紫外線の強さ|敏感肌の日焼け対策

強い紫外線が降り注ぐ季節と言えば、夏をイメージしますね。確かに夏という季節は紫外線量が強く、きちんとケアをしてあげないと、あっという間に御肌が真っ黒に焼けてしまいます。ですが、実は紫外線の量を見てみると、6〜7月よりも多い季節があります。それは、4〜5月なのです。特に5月は1年の中でも紫外線量がピー...

≫続きを読む

 

日焼け止めのSPF、PA、UPFと選び方|敏感肌の紫外線対策

お肌を紫外線から守るための対策として、特に重宝するのが日焼け止めですね。これをしっかり塗布しておくことで、UVA波もUVB波も防ぐことができ、将来のお肌にかかる様々なダメージを軽減することができます。ですが、そんな日焼け止め自体も、実は毛穴を詰まらせたりお肌を乾燥させたりと、肌悩みの原因になってしま...

≫続きを読む

 

敏感肌のための日焼け止めの選び方|敏感肌の紫外線対策

人のお肌は、普通、表面にバリア機能と言われる機能を持っています。この機能がうまく働いていれば、紫外線や埃といった外的刺激からお肌をある程度、守ることができます。ですが、敏感肌と言われる方の場合は、このバリア機能が低下してしまっているために様々な刺激を受けやすくなっています。つまり紫外線による悪影響も...

≫続きを読む

 

日焼け止めの効果的な塗り方|敏感肌の紫外線対策

日焼け止めの使用は、紫外線によるトラブルを予防するために非常に効果的な方法です。ですが、ただムチャクチャに塗っておけばそれで良いのかというと、そういうわけではないのです。適当に塗布すると、きちんと塗布できていない部分ができ、ムラになってしまう恐れがあります。逆に正しい塗り方を行えば、数値の低い日焼け...

≫続きを読む

 

日焼け止めの塗り直し時間や順番について|敏感肌の紫外線対策

日焼け止めはSPFの数値により紫外線をカットできる時間が表現されていると言われていますが、実際には様々な条件により、このカットできる時間は変化していきます。例えば春夏の暑い日なら汗をかき、せっかく塗布した日焼け止めも流れ落ちてしまいますね。そして、この汗をタオルでゴシゴシと拭き取れば、さらに効果が無...

≫続きを読む

 

紫外線吸収剤とは|敏感肌の紫外線による日焼け対策

日焼け止めは、紫外線吸収剤と言われる成分が配合されているものが一般的に数多く販売されています。この紫外線吸収剤とは、紫外線が持つエネルギーを取り込み、化学的に処理する働きのある成分で、お肌の表面でそのような効果を発揮することにより、お肌を紫外線から守ってくれています。この紫外線吸収剤は、吸収したエネ...

≫続きを読む