日焼け止めのSPF、PA、UPFと選び方|敏感肌の紫外線対策

日焼け止めのSPF、PA、UPFと選び方|敏感肌の紫外線対策
このエントリーをはてなブックマークに追加 

日焼け止めのSPF、PA、UPFと選び方|敏感肌の紫外線対策

お肌を紫外線から守るための対策として、特に重宝するのが日焼け止めですね。
これをしっかり塗布しておくことで、UVA波もUVB波も防ぐことができ、将来のお肌にかかる様々なダメージを軽減することができます。

 

ですが、そんな日焼け止め自体も、実は毛穴を詰まらせたりお肌を乾燥させたりと、肌悩みの原因になってしまうリスクを持っています。
そのリスクを軽減するために必要なのが、正しい選び方を実践していくということです。

スポンサーリンク

SPFとPAの数値について

日焼け止め選びの際、多くの方が参考にしているのが、商品の表面に大きく書かれた数値ですよね。
これはSPFと呼ばれるもので、最大で50という数値があります。
高ければ高いほど良いと思われがちですが、そういうわけではありません。

 

このSPFは、UVB波を防ぐ効果について示す指標となっています。
そして、この数値が表しているのは防御力などではなく、日焼けを防げる時間です。
人によって日焼けが始まる時間は違いますので、日光に当たりはじめて赤い斑点ができるまでの時間が20分の方なら、SPF30 の日焼け止めを使うと、20分×30=600分防げるということになります。

 

紫外線の防御力に関しては、数字が大きくても同じですので、その日の過ごし方によって数値を選ぶ必要がありますね。
塗りなおす時間がない、炎天下で長時間過ごすような場合にのみ、SPF50のような高い数値のものを選ぶと良いでしょう。

 

それからPAに関してはUVA波を防ぐ指数になります。
これは「+」〜「++++」の範囲で表示されますが、やはり「+」が大きくなればなるほど、お肌への負担も増えます。

 

室内で過ごす時間が長い日は、SPF25、PA++程度でも十分ですので、むやみに数値が大きいものを選ばないようにしましょう。

UPFって何!?

紫外線対策グッズの選び方で、もう1つ注目したい表記があります。
それがUPFというものです。
あまり見慣れない言葉かもしれませんが、これはコスメではなく、衣類に付けられている指標になります。

 

オーストラリアやニュージーランドでは、紫外線に対する意識が高く、こういった国では衣類に紫外線保護係数が付けられています。
これが、UPFという言葉で表現される数値なのです。

 

ここで表されている数値もまた、日焼けするまでの時間を示しており、数値が高いものほど長時間、紫外線の影響から守ってくれるということになります。
最近では日本でもUPFの数値を採用しているアパレル会社が増えてきていますので、洋服選びの際の参考にしてみると良いですね。

 

衣類なら、お肌に負担をかけることなく紫外線対策ができるのも嬉しい点です。
UPFの数値が高い衣類で、上手に紫外線による肌ダメージを軽減していきましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加 

紫外線とは|紫外線の肌への影響

太陽から降り注ぐ光は波長により赤外線、可視光線、そして紫外線に分類されます。そのうち、紫外線とは、お肌にも深刻な影響を及ぼす光であることが認識されはじめていますよね。真っ黒に日焼けした子供が健康的、なんていう時代はもう終わりました。今の時代は、紫外線を徹底的にケアして、お肌への影響を未然に防ぐ努力を...

≫続きを読む

 

季節ごとの紫外線の強さ|敏感肌の日焼け対策

強い紫外線が降り注ぐ季節と言えば、夏をイメージしますね。確かに夏という季節は紫外線量が強く、きちんとケアをしてあげないと、あっという間に御肌が真っ黒に焼けてしまいます。ですが、実は紫外線の量を見てみると、6〜7月よりも多い季節があります。それは、4〜5月なのです。特に5月は1年の中でも紫外線量がピー...

≫続きを読む

 

日焼け止めのSPF、PA、UPFと選び方|敏感肌の紫外線対策

お肌を紫外線から守るための対策として、特に重宝するのが日焼け止めですね。これをしっかり塗布しておくことで、UVA波もUVB波も防ぐことができ、将来のお肌にかかる様々なダメージを軽減することができます。ですが、そんな日焼け止め自体も、実は毛穴を詰まらせたりお肌を乾燥させたりと、肌悩みの原因になってしま...

≫続きを読む

 

敏感肌のための日焼け止めの選び方|敏感肌の紫外線対策

人のお肌は、普通、表面にバリア機能と言われる機能を持っています。この機能がうまく働いていれば、紫外線や埃といった外的刺激からお肌をある程度、守ることができます。ですが、敏感肌と言われる方の場合は、このバリア機能が低下してしまっているために様々な刺激を受けやすくなっています。つまり紫外線による悪影響も...

≫続きを読む

 

日焼け止めの効果的な塗り方|敏感肌の紫外線対策

日焼け止めの使用は、紫外線によるトラブルを予防するために非常に効果的な方法です。ですが、ただムチャクチャに塗っておけばそれで良いのかというと、そういうわけではないのです。適当に塗布すると、きちんと塗布できていない部分ができ、ムラになってしまう恐れがあります。逆に正しい塗り方を行えば、数値の低い日焼け...

≫続きを読む

 

日焼け止めの塗り直し時間や順番について|敏感肌の紫外線対策

日焼け止めはSPFの数値により紫外線をカットできる時間が表現されていると言われていますが、実際には様々な条件により、このカットできる時間は変化していきます。例えば春夏の暑い日なら汗をかき、せっかく塗布した日焼け止めも流れ落ちてしまいますね。そして、この汗をタオルでゴシゴシと拭き取れば、さらに効果が無...

≫続きを読む

 

紫外線吸収剤とは|敏感肌の紫外線による日焼け対策

日焼け止めは、紫外線吸収剤と言われる成分が配合されているものが一般的に数多く販売されています。この紫外線吸収剤とは、紫外線が持つエネルギーを取り込み、化学的に処理する働きのある成分で、お肌の表面でそのような効果を発揮することにより、お肌を紫外線から守ってくれています。この紫外線吸収剤は、吸収したエネ...

≫続きを読む